Wednesday, September 30, 2020
Home Stock Market Books kankyoutaioudeikinokorunaminoritousihou naminoritoushihou (Japanese Edition)

kankyoutaioudeikinokorunaminoritousihou naminoritoushihou (Japanese Edition)


Price: ₹ 354.00
(as of Aug 20,2020 17:05:02 UTC – Details)


本の紹介 

ファンドを作りファンド内の銘柄管理をされておられる方は多いと思います。ファンドを作らなくとも保有株の時価総額の合計と、銘柄の動向には注意を払っておられるのでは……

このような管理方法でも、値動きの少ない平時では、せいぜい四半期ごとに発表される企業の業績に注意を払っていれば十分でしたが、コロナショックのように株価が大きく振れ二極化するときには、機敏に対処しないと、持ち株がいつの間にかぼろ株の山に埋もれてしまうような事態も想定されます。

投資信託には、インデックス運用とアクティブ運用がありますが、アクティブ運用で純資産が半分にまで落ち込んでしまったファンドもあるようです。その点、インデックス運用では、日経平均に連動して回復しているために、現在ではアクティブ運用型より人気が高いようです。

「波乗り投資法」では、ファンド内のポートフォリオ選定に当たっては、相場の位置と方向に気を配りながら、受取配当金を最大にする組み合わせを選択しますが、運用基準はアクティブ型です。インデックス運用であれば、市場からETFを買った方がましだと思っているからです。

ファンドの評価方法としては、ファンド内銘柄の時価総額の合計、ファンドに投じた資金の流れ、受取配当金総額の3点で評価していますが、資産形成を重視して銘柄選定をした場合には、成長(グロース)株中心となり低い配当率となってしまいます。一方バリュエーションで選定する配当重視型では、成長株が買えないというジレンマに陥ります。コロナショックでは、このバランスが重要な管理要素となります。

「波乗り投資法」では、従来から投資環境に気を配っていますが、ファンドを作る場合には投資者の資質にも制限を設けています。投資者の資質として、年齢が45から60歳までで投資資金が1,000万円以上を「増やす」年代と名付け、この1,000万円を20年間で5,000万円とする投資法を提案しています。65歳で定年後は「遊び」の年代として、配当金で豊かな生活を実感しながら1億円までの投資を心掛け、あとは配当原資を減らさない限り、何歳まででもその生活を続けて行けると考えています。

とはいっても、歯止めがかからないコロナ感染拡大や、世界中のGDPが大幅に落ち込む中、上昇を続けている株式市場に不安を抱く投資家が多いのは事実です。このまま株を持ち続けていて大丈夫なのか。悩みはつきません。複数の株に投資され、資産形成に将来の夢を託しておられる個人の方が、今一番知りたいことは何なんでしょうか。
(1)コロナ後の社会
(2)コロナ後の投資環境
(3)年末までの株価の位置と方向、二番底は来るのか
(4)リーマンショックとコロナショックとの違い
(5)コロナ後のテーマ株、グロースかバリューか
(6)ファンドの管理方法、銘柄数、ウェイト付け、損切か塩漬けか
(7)銘柄入れ替えと税金対策
(8)信頼できる投資情報は

この本は、本年5月にアマゾンインターナショナルより刊行された「ファンドマネジメントと波乗り投資法」をベースとして、上記の問題を取り上げ「波乗り投資法」の解釈でファンドの運用方法を改善し、コロナ後の相場環境の変化に対応して生き残る株式投資法をわかりやすく説明しています。皆様の長期投資のお役に立つことを願っています。
 
著者の紹介
1933年 東京に生まれる
1956年 大学卒業後1959年から94年まで食品会社に勤務
1974年から株を始め、経済と株式投資につき、実践を通して勉強、現在に至る
2015年5月 アマゾンインターナショナルより「波乗り投資法:ためるふやすあそぶ」刊行
2015年12月 アマゾンインターナショナルより「波乗り投資法2016年版」刊行
2017年5月 アマゾンインターナショナルより「極意波乗り投資法」刊行
2017年11月 アマゾンインターナショナルより「バブル大研究」刊行
2019年1月 アマゾンインターナショナルより「波乗り投資法」刊行
2020年1月 アマゾンインターナショナルより「ポートフォリオ・マネジメントのすすめ」刊行
2020年5月 アマゾンインターナショナルより「ファンドマネジメントと波乗り投資法」刊行

本の履歴
2020年8月 環境対応で生き残る「波乗り投資法」刊行

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Effective Investments on Capital Markets: 10th Capital Market Effective Investments Conference (CMEI 2018) (Springer Proceedings in Business and Economics)

Price: (as of - Details) This proceedings volume presents current research and innovative solutions into capital markets, particularly in Poland. Featuring contributions...

How Finance Works: The HBR Guide to Thinking Smart About the Numbers

Price: (as of - Details) Based on a popular class taught by a Harvard Business School professor.If you're not a numbers person,...

Inside Technology Stocks: The Secrets to Investing in Today’s Hottest Companies

Price: (as of - Details) Technology stocks provide the wildest, most exhilarating, most profitable ride in the stock market today. This is...

Getting Started in Value Investing: 72

Price: (as of - Details) An accessible introduction to the proven method of value investing An ardent follower of Warren Buffett-the most...

Recent Comments